航空環境調査研究事業

空港振興・環境整備支援機構は、我が国で唯一の航空環境に関する調査・研究を専門的に行う研究機関として航空環境研究センターを設置し、専門の研究者を配置しています。
当研究センターでは、航空機騒音、飛行経路、航空機排出ガス、健康影響などの多岐にわたる航空環境について、社会に役立つ特別なテーマを設定し、自主的な調査研究を行っています。また、国や地方公共団体等からの委託を受けて、航空機騒音・飛行経路等の調査事業を行っています。

駐車場事業

当機構は、空港を円滑に運用するために、国の対策を補完する、きめの細かい環境対策事業を実施していますが、国から補助金を受けずに事業を実施するために、国管理空港のうち、全国15空港で駐車場を運営しており、平成29年度では収入の約42%の額の国有財産使用料を国に支払っています。
このような中で、駐車場運営については、お客様の駐車場利用のし易さを第一に適正な料金設定とサービスの提供に努めているところです。

空港振興事業

航空操縦士の円滑な養成に寄与するため、独立行政法人航空大学校に在籍する学生に対する奨学金貸与、航空に関心を持つ健全な青少年の育成、基本統計類の収集整理及び刊行、航空の安全輸送に関する講習会の開催などの事業を行っています。